琉球もちっ娘(もちっこ)バナナ / 島バナナのニューウェーブ

琉球もちっこバナナ

沖縄県産の物には頭に”しま”とつけるのが、ここ沖縄でのルールです。例えば、島豆腐、島らっきょう、島唐辛子、島カボチャ、島人参、島野菜、そして島バナナなど…

このルールからすると、沖縄で採れたバナナが島バナナということになりますが、この辺はちょっとあいまいです。そもそも一口にバナナと言ってもいろんな種類のバナナがあって、ドールとかチキータなどのブランドで売られている大振りで黄色い普通のバナナや、モンキーバナナとか台湾バナナなど馴染みのあるバナナ以外にも、調理して食べるバナナや紫色をしたバナナまで実に様々です。

沖縄でもいろいろなバナナが作られていて、普通のバナナっぽい三尺バナナや、最近よく見かけるもちもち系のブラジル種、アイスクリームバナナとネーミングされ完熟を待って食べる調理系のバナナ、そしていわゆる島バナナと呼ばれる小笠原から持ち込まれた小ぶりで酸味のあるバナナなど。つまり沖縄で作られているバナナという意味での島バナナというカテゴリの中に、さらに島バナナというブランド的バナナがあるということみたいです。

琉球もちっ娘(もちっこ)バナナは沖縄南城市の大里で作られている県産の島バナナです。やや小ぶりでぷっくらしていて皮が薄く、酸味はほどほどでもちもちした食感と独特の芳香があります。東南アジアからもたらされた種類のようですが、一般的なフィリピンバナナとは味も香りも違っていて、昔食べた沖縄のバナナに似ていると言われることもある、島バナナのニューウェーブ的なバナナです。

琉球もちっ娘(もちっこ)バナナはそのまま食べてもおいしいけれど、バナナジュースやバナナアイスクリームにすると、その香りやミルキーさが際立ってこれまたおいしいです。砂糖やクリームが入っているんじゃないかと思うほど。

琉球もちっこバナナ

琉球もちっこバナナ

先日見学に行った大里の琉球もちっ娘(もちっこ)バナナ畑はまるでジャングルのようで、その樹高は7-8メートルもあり、遥か上の方でバナナがたわわに実っていました。しかし先月末に久しぶりに襲来した台風に見舞われ、あのバナナ畑は壊滅してしまったそうです。樹高が高い分強風の影響を受けやすかったのでしょうか。とても残念ですが、半年後には新たにバナナが実るだろうとのこと。今から楽しみにしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする